調剤薬局がお届けする開業に関するおすすめ情報サイト

開業に関するおすすめ情報サイト

近年は深刻な医者不足が続いています。厚生労働省の調査によると、医療法の定める医師の配置基準の充足率は、全国で約83.5%(2004年度)。東京や大阪などの首都圏・近畿圏は概ね90%前後の充足率を達成していますが、田舎へ行くほど充足率は下がり、全国最低の青森県ではわずか43%に過ぎないと言う惨状です。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

これは、田舎や離島・へき地での勤務を希望(容認)する医学部生が極端に少ないことが原因です。へき地勤務を選ぶことで学費が免除される自治医科大学でも、卒業生の約6割が(学費返済を条件に)大都市圏での病院を選んでいるのが現実です。

 

また、産科医と小児科医の不足は特に深刻です。産科と小児科は、どの医者に聞いても「最も過酷な診療科だ」と答える位、激務な仕事だからです。妊婦さんがいつ産気づくかは分からないので、産科医は医者の中でも特に不規則な生活を強いられ、そのことが医学部生から敬遠される最大の原因となっています。また、小児科は産科ほど生活が不規則なわけでもなく、かといって人命に関わるようなケースは少ないです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

しかも昨今の少子化状況を考えると、一見楽なのでは、と思われがちですが、現実は違います。なぜなら、ひとたび子供のことになると、親御さんは人が変わってしまう、という事が少なくないからです。小児科医は、その医療内容とは裏腹に、精神的にとても疲れる診療科であり、医学部生から敬遠されがちなのです。

 

調剤薬局