調剤薬局がお届けする医師の労働時間

医師の労働時間

平均的な医師でも月90時間以上は、時間外労働をしており、同省の過労死認定基準が目安とする。




「月80時間の時間外労働」を超えています。徹夜の当直開けに休みを取る“ディーンスト・フライ” は現在実行されておりません。




薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



50歳以下の医師の多くはその言葉の意味さえ知らないのが現状です。





徹夜明けの医師が外来診療や手術をすることは一般的に行われ、32時間以上の連続勤務が珍しくありません。中には週に2〜3回の当直を強いられている場合もあり、睡眠不足・過労による医療事故が懸念されている他、医師の過労死が問題となっています。


 

薬剤師 募集