調剤薬局がお届けする開業に関するおすすめ情報サイト

医師国家試験とは

医師国家試験とは、日本で行われる医師国家資格のための国家試験です。

 

大学医学部(医学科)を卒業することが受験の前提条件となっており、医学部への受験競争が激化している分、医師国家試験そのものの合格率は司法試験と異なり、殆どの大学で合格率90パーセントと、司法試験などの国家試験よりも高くなっています。

 

しかし一部の私立医大では合格率が低く、国家試験対策の授業が中心となっている場合もあります。また国家試験対策予備校も存在しています。

 

試験内容は、「臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能」とされており、出題基準は司法試験のように出題科目が限定されているのではなく、基礎医学・臨床医学・社会医学などすべての医学関連科目が出題範囲です。また、科目ごとの試験ではなく、すべての科目を取り混ぜた総合問題形式になっています。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

それぞれの専門分野から選出された「医師国家試験委員」によって考案され出題されます。4年に1度「医師国家試験出題基準」が出され、概ねそこに列挙された項目・疾患・症候等を基本として出題されます。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸