調剤薬局がお届けする医院開業に関するおすすめ情報サイト

医院開業に関するおすすめ情報サイト

現在の日本における医師の労働環境は非常に厳しいものになっています。勤務医の労働時間は日本医労連の2007年4月発表の資料によると、平均労働時間は1日あたり10.6時間、週あたり58.9時間、月あたりの時間外勤務は62.9時間となっています。厚生労働省の「医師の需給に関する検討会」の調査では、医師の労働時間は平均で週に63.3時間になっています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

平均的な医師でも月90時間以上は、時間外労働をしており、同省の過労死認定基準が目安とする「月80時間の時間外労働」を超えています。徹夜の当直開けに休みを取る“ディーンスト・フライ” は現在実行されておらず、50歳以下の医師の多くはその言葉の意味さえ知らないのが現状です。徹夜明けの医師が外来診療や手術をすることは一般的に行われ、32時間以上の連続勤務が珍しくありません。中には週に2〜3回の当直を強いられている場合もあり、睡眠不足・過労による医療事故が懸念されている他、医師の過労死が問題となっています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

また、訴訟のリスクも高く、非常に高度な治療を要求されても、後遺症などを失敗として、警察官の判断で即逮捕されてしまうということが日本中で起きているため、 救急患者の搬送受け入れ拒否など、のちの訴訟や逮捕を恐れて、たらいまわしにするといった現象が起きています。 またこういった事例が頻発しているためICUなどの機能が果たされない病院も存在しています。

 

薬剤師 就職