調剤薬局がお届けする開業に関するおすすめ情報サイト

開業に関するおすすめ情報サイト

開業を決意した時に、開業準備を推進していく体制と開業時期については、きちんとしたプランが必要です。

 

開業準備に入って最初に着手することは、開業候補地探しです。開業候補地の選択には、さまざまなポイントがあります。 地価と広さ、市場性、通勤の利便性、地縁・血縁、患者の受療動向、競争医療機関の存在、それから物件内容(土地購入・借地権・賃貸など)などです。収入計画の中で重要なのは患者数が何人見込めるのか(需要予測)です。そのために開業立地診療圏調査は、重要なファクターです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

土地購入の場合、地価と広さについては大切なポイントです。潤沢な自己資金があれば別ですが、借り入れを主体にして資金計画を立てる場合、5千万円までを目安にすると良いでしょう。そして、この金額の範囲で必要とする機能が確保できるかどうかを検討します。広さについては、診療科と診療内容によって組み立てが違うので一概には言えないが、整形外科などは広いスペースが必要になります。 開業時期の設定は、現在の勤務先を退職する時期と、開業に最適な時期、それから準備に要する時間を考慮して設定していくことが大切です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

開業を決定したら、どのような診療を展開したいのか、アイデンティティの確立が必要です。先生自身が開業にあたって持っている「夢」と、自分自身の技術、かかわろうとしている地域、建築などのハードに関する構想などを総合的にまとめる必要があります。

 

調剤薬局

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理