調剤薬局がお届けする開業に関するおすすめ情報サイト

開業に関するおすすめ情報サイト

医院の情報発信の手段としては次のようなものがあります。

 

「広告」看板、雑誌新聞等の広告、チラシのポスティング、戸別訪問
「広報」広報誌、ホームページ、パンフレット
「PR」マスコミ、ケーブルテレビ、ミニコミ誌、地域活動への協力、講演会の企画、地域活動への参加と協力

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

以上の3つの方法の内容と媒体の数と予想される効果をまとめると「広告」は、医療機関の広告に関しては、医療法第に定められている特定の項目の内容以外は広告が禁じられています。ですから、広告の内容は規制されておりどこの医院も同じ内容になってしまい、特徴を出すことができません。媒体はいろいろあるけれども、効果は限定的になってしまいます。そして、所在の告知の効果しか望めないです。「広報」は、内容は豊富で自由であり差別化ができます。しかし、媒体は限られ配布先も院内等に限定されます。したがって、効果も限定的であり、特に新しい患者さんの獲得はほとんど期待できないでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

「PR」は内容の自由度も高く媒体も豊富であり、発信者が第三者であるため、内容の信頼性が高いです。また、対象読者も多く新しい患者さんの獲得には圧倒的な強さがあります。ただし、その内容を医院側で100%コントロールできないので、情報の発信には注意が必要です。効果は非常に大きいということが言えます。

 

薬剤師 求人