調剤薬局がお届けする開業に関するおすすめ情報サイト

開業に関するおすすめ情報サイト

「医師」は国家資格であり、「医師国家試験」に合格して医籍登録を完了したものに厚生労働大臣より免許が与えられます。日本では大学において6年間の医学教育が行われていますが、医師免許を持たない学生は法律的に医療行為を行えないため、大学卒業時点では医師としての実地経験はないに等しいです。そのため、診療に従事しようとする医師に対し、免許取得の後に、臨床研修の名で上級医の指導の下に臨床経験を積む卒後教育が制度化されました。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

1999年に改正された医師法第16 条の2に「診療に従事しようとする医師は、2年以上、医学を履修する課程を置く大学に附属する病院又は厚生労働大臣の指定する病院において、臨床研修を受けなければならない。」と明記され、2004年度からは、臨床医として勤務するためには2年間以上の臨床研修を行うことが努力義務とされました。臨床研修を終えていない医師は、医業を続けることはできますが、病院・診療所の長となることはできません。この間の「医師」を一般に研修医とも呼びます。ただし、基礎研究医や産業医、社会医学者、法医学者などはこの義務はありません。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

また、病院独自に「前期・後期研修医」の名称を使用することがありますが、研修医(広義1-5年目程度)= 研修医(狭義=前期研修医1-2年目) + 後期研修医(3-5年目程度)としていることが一般的です。一般に「研修医」の語を使う場合、「前期研修医」を指します。

 

薬剤師 募集